2013年12月07日

石原レディースクリニックの無痛分娩。

 ポン太の時にも出産時の出来事はエントリーして残していたのですが、ポンすけのためのこのエントリーを書くのにはすごい時間がかかりました。
 かかった理由ですが……結論から言うと、希望していた無痛分娩ができなくて、気持ちの整理をつけるのに少し時間がかかったためです。自分で気持ちを消化というか消火というか昇華してから書きたいと思っていたのですが、思ったよりも時間がかかっちゃいました。
 念のために記載しますが、ココから先は「私自身が」経験したことであり、数多くあるパターンのほんの一例であること、それから石原レディースクリニックに対してなんらかの誹謗中傷の意図をもって記すことではないことを御承知おきいただければ、と思います。
 そしてこのエントリーすんげえ長いのね。ヒマな人だけ読んでくださいましー。

 今回、ポンすけ出産にあたり石原レディースクリニックを選んだ理由は、無痛対応で割と自宅から近かったこと、これがすべてでした。
 ほかにあと二つくらいかな、調べたことは調べたのですが、自宅から遠すぎて断念。や、今回の出産が第一子ならイケたかも知れない遠さだったんですが、ポン太がいるからあまり遠くでの出産は無理だった。同様の理由で里帰り出産はハナから検討していませんでした。
 ホントは恵愛病院で無痛をとってもとってもとっても!(←しつこい)やりたかったのですが、ポン太出産後に埼玉県から東京都に引越しをしてきていたので、車で1時間以上かかる恵愛は無理無理無理ーと断念。

 石原レディースクリニックは、恵愛と違って計画分娩ではありません。自然な陣痛を待っての入院、それから無痛なんですよね(後から知った)。これ、実は私の理想の出産プランでした! まあ、日程が決め打ちできないから身動き取れない不自由さはあるけれど。
 ポン太がいるから、余計日程は決め打ちのほうが良かったかも知れないのだけど(夜中に産気づいたら、あるいは夫が出勤していて一人の時に産気づいたらどうしようという不安もあったので)。
 でも、何となく……何となくですよ? 気持ち的な問題で、陣痛促進剤を打って出産をっていうのもいいけど、自然な陣痛を待っての出産もやりたかったんですよね。

 そんな訳で、予定日が着々と近づく中、「3月中には産まれないでねー。できれば4/2以降に産まれてねー」と祈る私たち。(←勝手)
 理由:早生まれだと保育園入るのが大変だから。(←勝手)
 4/2過ぎてからは、予定日が4月半ばだったので「もう産まれていいよー」と祈る私たち。(←勝手)
 そして迎えた4/4。4/5が身内の誕生日だったので、「この日に産まれたら面白いよね」(←勝手)とか言っていたところ……。
 ついにそれはきたのでした。

 4/5 午前零時ジャスト。いつもと違うお腹の痛みが。
 胎内にいてなお、周囲の空気を読む男、ポンすけ。

【ここから先は時系列でお伝えいたします】
 0:00 「お腹痛いんだけどなんかいつもと違うよー15分間隔で来てる気がするよー……」と夫に伝える。とりあえずシャワーを浴びる。

 1:00 病院に連絡。経産婦なのでもう陣痛かも知れない、病院にきてください、ということで向かう。ポン太は義理父母に預ける。

 1:40 病院着。NST。

 2:00 内診。子宮口1センチ開いている。無痛対策のため、3〜4センチ開くまで待つことに。LDRへ移動。
 どんどんお腹が痛くなる、けど無痛をしてくれる先生が来ない。隣の部屋のLDRで行われているお産が長引いている模様。出産を担当する先生が一人しかいないことを、このとき初めて知る。
 無痛処置のため、ということで、早々夫が外に放り出される。周囲に助産師さんもおらず、一人で痛みにずっと耐える。なんだかすごく悲しくなる。
 なんでそばに夫が居ないのー……助けて夫ー……一人で痛いのに耐えるなんていやだよー……痛いよー……(いい年して半べその私。というか書いていて気づいた、コレがわだかまりの一要因なんだ! 一人でがんばるのイヤだったんだ私! 二人でがんばりたかったんだ!)。

 3:00 ポン! と音がする。これは破水だ!(本能的に察知する私)
 しかし先生が来ない。隣の部屋の(略)。

 3:30 このあたりでやっと先生が来る。遅いよ先生! バガー!(←暴言)
 「赤ちゃん見えてる。麻酔かけずに、このまま(普通分娩で)出産します」
 「えええええええええええ!!!!!」(←ホントにこう叫んだ)
 夫が呼ばれたので、普通分娩になったことを涙目で説明。夫、静かに激怒。オーラがメラメラ燃えている。
 しかしここで私や夫が「麻酔してくださいー」と言っても間に合わないことは、陣痛迎えている私には本能でわかったので、とりあえずがんばってみることに(涙)。
 ガンバレ私。痛いからできれば明日にしたいけど、もうここまできたら産むしかない。
 ガンバレ私。先生がもう一人いれば麻酔してもらえたのに。先生のばーかーばーかーばーかーばーかーばかーっ(以下略)。
 助産師さんに励まされながらウンウンいきむが、いやもー出てこない。なかなかポンすけでてこない。ぜんぜんポンすけでてこない。
 がんばれ私。がんばれ私。

 5:00過ぎ 産まれましたー! ポンすけ産まれましたー! おめでとうーおめでとうー! お疲れポンすけおつかれおとうしゃんおつかれおかあしゃんおつかれ(祖父母宅て泣きながら寝ていたらしい)ポン太。
 ポンすけはホカホカとあたたかかったです。懐かしいなあ。生まれたてのポン太のことを思いだしてちょっとだけ泣いた。



 といった訳で、私の(おそらく)人生最後の分娩は無痛ではなく普通分娩。
 おそらくですが経産婦だったためか、超安産だったようです。ラッキーだった……んだろうなあ多分。術後、縫うこともなかった。
 縫わなくて済んだから、円座クッション使わなくても動けたのはホント良かった。遠慮なく座れるのってステキ。ホントステキ。無痛できたらもっとステキだった……ステキだった……うう……。

 実は出産後、石原レディースクリニックで無痛分娩をされた方とお話する機会があったんですが、きちんと無痛(?)で超ラクラクだったらしいです。
 今回無痛分娩にならなかったのは、ひとえに私の運が悪かったっていうかなんていうか。一分でも早く先に産気づいておけばよかったなあーと思った(謎)。
 これ以外はホントにホントに先生の対応も良かったし、受付の方も優しかったし、助産師さんたちも良かったのでオススメです。
 でも、やっぱり無痛で産みたかったなー。7万浮いたからラッキーだったけど、やっぱり無痛が良かったなあ。

 出産して思いましたが、やっぱり一人目は恵愛病院で良かったと思います。入院準備品のグッズたくさんもらえたし、病院設備は豪華だったし。一人目出産の不安はほっとんどありませんでしたもの。
 で、二人目は石原レディースクリニックでよかった。一人目出産の経験があったから乗り越えられたこともたくさんあったと思うから。

 長々書いてきましたが、このあたりで体験記はおしまいーにしたいと思います。
 無痛分娩をしたい方のためにこのエントリーが少しでも役立ちますように。安産をお祈りします。
ラベル:無痛分娩
posted by みづほ at 15:58| 東京 🌁| Comment(4) | 妊娠&出産 | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

会社に出す書類(出産後)。

 私用の覚え書き。平成25年度バージョン。

 ●出産育児一時金請求書(健保組合から43万支給。直接支払用を提出。病院の領収書、戸籍抄本必要)
 ●出産手当金請求書(健保組合から分娩の間休み、その間の給料が支払われない場合、標準報酬日額の3分の2が一括支給。医師の証明書必要)
 ●出生届(会社からお祝い金)
 ●家族届(育児休業者社会保険料免除のため必要)
 ●育児休業給付受給資格確認票(ハローワークから育児休業給付金支給。育児休業開始日から2ヶ月おきに、子が一歳に達する日の前日まで給付。金融機関確認印と母子手帳の「出生届済証明」のコピー必要)

 金融機関確認印は出産三日前にゲットしておいたんだが、戸籍抄本は知らなかった……委任状もらってきておいてよかた。直接行けなければお願いしよっと。




posted by みづほ at 14:37| 東京 ☀| Comment(0) | 妊娠&出産 | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

出産のお知らせ。

 やっと今日になって家族以外の親しい友人や会社関係にメール発信しました……のばしのばしで気になってたから一安心。会社には書類も出さなくちゃいけないから、まだまだ時間がかかりそうだけど。

 産後なのだと実感したことのひとつに、お腹が少しずつへこんできてフットワークが軽くなってきたことがあげられます。
 靴下がスムーズにはける!(今までは椅子に座りながらはいたり、片足立ちではいてた。お腹が邪魔でかがめない)
 足のつめがスムーズに切れる!(お腹がじゃ略)
 うつぶせに寝られる!(お腹が略)
 まっ平らのおへそに穴ができてきた!(今までお腹が限界までふくらんでいたから、おへその穴が無くなっていた)

 現在のわたくしですが、常に頭痛がして本当参ってます。そして前回同様貧血がひどく、鉄剤飲みながら育児してます。
 あと、ポン太の風邪をまんまともらい、頭痛がひどくなったのがつらい。喉の痛み、鼻水もひどいんですよね。薬飲めないのがこんなにつらいとは。
 とにかくレモン飲料ガブガブ飲んで、のど飴バリバリ食べて、ひたすら良くなるのを待ってます。
 明日はちとお出かけ予定だから、少しでも良くなるといいんだが。
posted by みづほ at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | 妊娠&出産 | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

出産から一週間。

 現在、義理実家に里帰りしてます。二軒隣ですが(謎)。
 三日くらい前から頭痛がひどくて参ってます。多分寝不足。仕方ないのだけど、つらいなあ。
 今さらながら、前回の出産時に義理母から言われた「出産したら寸暇を惜しんで寝ること」という言葉は至言だと実感。

 前回と違うことは多々あるけど、総じて言えるのは「余裕がある」てことかな。
 初めての出産は何もかもが初めてでいっぱいいっぱいでしたが、二回目ともなれば過去の経験則からある程度いろんなことが予想できるし、安心できる。
 例えば、授乳のやり方とかミルクを足すタイミングとか、あんまり悩んでない自分がいます。前回は母乳にこだわってたけど(なのでミルクを足すタイミングに悩んで迷走してたけど)、今回はためらいなくミルク足せてます。体重も全然量ってないしね。
 今度一週間後検診があるから、体重はその時でいっかなと思ってます。

 久しぶりの赤ちゃんは軽い!(笑)
 ポン太は16キロこえてますが、ポンすけは3キロ。これが初めての出産時は重く感じたものだけど、今はすごく軽く感じます。
 あと、ほっぺたや足裏がぷにぷにしていて癒されてます。

 オムツ替えもやっと慣れてきて余裕できてきましたわ〜。やっぱり過去にやったっていうのもあるけど、季節的なものも後押ししてる気がする。前回は2月で寒い時期だったから、交換するときはとにかく風邪をひかせたくなくてあわててたように思う。

 あとは、早く昼夜の区別ついて夜たくさん寝てくれるとありがたいなあ。まあ、もうしばらくかかると思うけど……私も赤ちゃんもぐっすり寝られるまでは、まだまだ時間がかかりそうです。
posted by みづほ at 22:06| 東京 ☀| Comment(0) | 妊娠&出産 | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

退院。

SH3K06630001.jpg
 早いもので本日退院です。
 というか、多分恵愛より1日早い退院かと。個人病院だと1日早くなる傾向があるらしいです(回転よくするため)。

 前回同様、産後三日目くらいから胸が痛くて動けなくなりました(泣)。痛くて寝返りもできない、歩けない。熱も出てきたので、アイスノンあてながらベッドにただ横になってました。
 診ていただいた助産師さんたちほぼ全員に「これは痛くて張りやすい胸ねえ」と太鼓判おされました……チキショー嬉しくない。
 入院最終日にたまたまいらした母乳外来専門の助産師さんにマッサージしてもらったのがありがたかった。1日ぶりに胸の痛みから解放され、やっと退院前の部屋片付けができた。それに、少しだけど寝ることができました。

 今日は急きょ桶谷式の予約を入れて、マッサージしてもらいました。痛かったけどスッキリ。助かった。

 写真は病院に売ってたドリンク。検診にくるたびに買おう買おうと思ってたのですが買いはぐれていて、本日やっとゲットしました〜。
posted by みづほ at 16:18| 東京 ☀| Comment(0) | 妊娠&出産 | 更新情報をチェックする
バナー
since 2000/1/11 (C) 2000-2017