2018年07月14日

メルカリサロンイベントに行ってきました!

DSC_2040.jpgDSC_2042.jpg
詳細はこちら(丸投げ)→
https://jp-news.mercari.com/2018/06/27/mercarisalon_1/

写真は記念品と並んでたスイーツ的なもの。おいしかったです。
ちなみに記念品は「売らないでくださいね!」と言われましたので、メルカリで出すことは有りません(笑)。

六月末くらいだったかな、メルカリアプリの個人メッセージにサロンイベントのことが書いてあって。
実は今年の頭くらいにアプリインストールして、そこから主に書籍売買と子ども用品売買などをひっそりこっそりと取引しとりました。
評価はやっと20行ったくらいの超超ライトユーザー故、そのメッセージ見たときも「これってもうメンバー決まってるんじゃないのー?
ま、試しに応募すっかな」という謎の超上から目線でした(←失礼すぎる)。
まさか25人の中に入れると思わなかったので、いざ当選してみたら嬉しさよりも戸惑いと悩みが発生。

場所が遠い!
次の日仕事だ!
子どもどうしよう!
の豪華三本立て。

2日間くらい悩んで旦那に相談。結果、アッサリ許可をいただけたので、後は私の気持ちの問題。
面白そうだけど引きこもりのほうが好きだし……とグダグダ悩みつつ、結局行ってきました。

久しぶりの都会は暑くて人が多すぎて倒れそうでした(軟弱みづほ)。
六本木ヒルズよ?! 大都会よ?!(私にしてみれば)
迷っても大丈夫なように三十分以上早く着いたわよ!

行ってみれば周囲の皆さまはとてもあたたかく。
何年かぶりにオフ会的なものに参加して緊張してましたが、同じテーブルがママさんグループだったので、いろいろお話できて楽しく過ごせました。
ご飯もおいしかったです。ホントに!

途中でメルカリの歴史やらこれからの展望やらのお話を聞きましたが、なんて言うかな、全体的にグイグイ行くぜドンドン行こうぜ的な雰囲気がありました。
ある分野で日本代表の方がいらしたり、ブロガーされてる方がいらしたり、メルカリの公式サイトで見たことあるような方もいらしたり。
このキラキラした世界の末席にほんの一瞬居られただけでもラッキーだったのかもなあ。
快く行かせてくれた旦那に感謝だ。

結局21時には一足先に失礼させていただいたのですが、とても久しぶりにネットとリアルがつながる経験をしてドキドキワクワクした気持ちを思い出しました。
これから先、またしばらくはこんな経験をすることは無いかも知れないな。育児も仕事も忙しすぎる。言い訳かもしれないけど。

少し話がずれますが。
福岡のHagexさんの事件を忘れたわけでは無く、自分だけは大丈夫と思っている訳でも無いのだけど。
最終的には私は性善説寄りの中立的立場で、これから先も機会があれば、いろんな人とお会いして、いろんな人とお話してみたいと思ってるのかも知れないな。
改めてそんな気持ちを思い出させてくれたメルカリサロンに感謝。

これからもゆったりマイペースで売ったり買ったりしようと思います。





posted by みづほ at 02:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

Hagexさんの訃報から何を学ぶか。

 先週6/24の夜、Hagexさんが刺殺されて亡くなったそうです。

 今週月曜日の朝、いつも読んでいるメルマガニュースで「福岡にてIT講師刺殺」という記事を見て、へえそういえばHagexさんも24日に講習会やるとかブログに書いていたっけ、偶然にしてもコワイのう、と呑気に構えていたのですが。
 どんどん記事を読み進めていくうちに「え、これってHagexさん本人? え、うそ、え!?」とショックを受けた次第なのです。正直、今年亡くなったどの有名人の死よりもショックを受けました。
 自分でも何がこんなにショックだったのかわからないので、書きながら考えていこうと思って。
 このエントリーはちょこちょこ書いては消ししていたのですが、何となく形になりそうだったので、本日エントリすることにしました。

 私が彼のブログを読むようになったきっかけは、残念ながらまったく覚えていません。結婚前から読んでいたような気がするので、軽く10年は経っているのかな。保育士試験を受けていたころはネットサーフィンを全面禁止していましたが、Hagexさんのブログだけは読んでいました。
 主に2chのまとめ記事を読む目的で読者になったのです。エントリ数は少ないながらも毎日必ず更新される安心感、アフィリエイトバナーやリンクが一切貼られていない潔さが好ましく。
 だからネットで有名な人たちを取り上げたり、大きな問題を取り上げてそれに対して意見を述べている姿をリアルタイムで見てはいたものの、それらに対しては実はあまり興味が無く流し読みしていました。

 押しも押されぬネット界の大御所と、ミニマムな世界で生きている子持ち主婦という違いはあれど、同じブロガーという立ち位置から勝手に親近感を抱いておりまして。顔を合わせる近所の人よりは遠い存在だけど、芸能人よりは近い存在っていうのが私にとってのHagexさんでした。
 毎日休刊日以外は休みなく届けられる新聞のように、Hagexさんのブログは毎日更新され続けるし、私はそれを毎日読むのが当たり前だと思ってきました。

 それが一週間前、いきなりひっくり返されました。
 Hagexさんは突然居なくなり、ブログの更新はストップしました。
 毎朝ブログを開いて「ああ、今日も更新が無い」と思って閉じ、改めてHagexさんが本当に居なくなってしまったことを実感する。それがこの一週間の私の儀式の一つになっていました。

 もう一つ儀式になっていたことがありました。
 それは、時間があればGoogleでHagexさんの名前を検索することでした。細かい事件の背景を新聞記事から読み取り、それを読んだ人たちの分析・意思や決意表明をひたすら読み漁っていました。
 こうすることでショックが少しでも和らぐのではと思っていたのですが、全くそんなことはありませんでした。詳しい状況が分かるにつれ、なんとかならなかったのかな、という思いしか抱けなくなりました。

 読んでいるうちに「スイスチーズモデル」という言葉が浮かんできました。

 たまたまHagexさんが1回だけ、ブログで「とある方」について取り上げた。
 たまたま「その方」が福岡在住で、たまたま講習会開催会場近辺に住んでいた。
 たまたま自らの個人情報には慎重であったHagexさんが形を変えて表舞台に出ようとしていた。

 ブログで取り上げなければ。
 講習会が福岡でなければ。福岡であったとしても、今回開催されたところよりもずっとずっと遠いところであったならば。
 表舞台に出るタイミングがもっともっと早ければ、あるいはもっともっと遅ければ。

 今更「たられば」を語ることは無意味だと思うのですが、そんな思いがぶわっと出てきています。

 この事件から何を学ぶべきなのか。
 私がこの一週間でこうじゃないかなって思ったことは、とても陳腐な、とても当たり前のことで。

 「死んだら何もかもおしまい、だからできることをやり抜く」ってこと。

 生きていれば意思疎通もはかれる、考え方をお互いに伝え、お互いに考えを変えることだってできる。
 生きていればこそ、可能性は無限大で、やろうと思えば何でも必ずやることができる。
 けれど、死はそこでおしまい。考えを変えることもできない、話し合うこともできない。その先の未来は何もない。
 死は被害者加害者両方の負の連鎖しか生まない。何も生まない。

 ずいぶん前に私の大事な友人が亡くなりました。その時、集まった友人たちと約束したことがあります。
 それは「彼の存在を決して忘れないこと」。
 存在を忘れたらその友人は二度目の死を迎えてしまうと語り合ったものでした。

 たぶん私は明日の朝もHagexさんのブログを開いて更新がされていないことを確認し、Google検索の記事日付がどんどん古くなっていく(5日前、6日前)のを見て、胃に少し重いものを抱えながらHagexさんのことを忘れないように思い直し、私の大事な家族たちと共に生きていくのだと思います。

 Hagexさんの御冥福を心よりお祈りいたします。
posted by みづほ at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

保育士1年目クリア。

 といったわけで、昨年3/22から今の園で働き始めたのですが、やっと? もう? 1年経過しました。
 おめでとう私、ありがとう私。

 現在0歳児クラスで働いていますが、昨年4月はみーんな小さくて丸くてかわいかったのに、どんどん成長しているなあと。お兄さんお姉さんになって、これから1歳児クラスに成長していくのだなあと、しみじみ思います。
 あれですよ、「ワシが育てたのぢゃ!」ってカンジです(←どこのおじいさんだ)。ま、育てたのはお家の方々なんですけどもね。私たち保育士はお手伝いをしただけ。

 最近は年度末で転園が決まっている子のお世話をしていると、「きっと私のことは忘れてしまうだろうけど、元気でね」と呟きながらお仕事してます。ちょっと危ない人かも。
 何しろこの時点で! 私の次年度の行く末がまだ決まっていないのです……。
 最初は4歳児クラスと言われ、次に5歳児クラス。よし、気持ち入れ替えて乳児クラスでは不要だった幼児クラス必須アイテム買うかー! とカタチから入ってモチベーションをあげようとしたミセスみづほ、楽天スーパーセールでいくつか買い物したものもあったんですよ。実は。

 でも、2・3日前に「ひょっとしたら1歳児(要は持ち上がり)かも?」と言われ、「そーんなに日替わり天気予報みたいに決めるなやー! シェフの気まぐれメニューのほうが方針見えてるだけなんぼかましじゃー!」と叫びたくなるのをググっとこらえて仕事してます。
 所詮パートですから、どこに行っても正職さんのジャマにならないよう、影となり黒子となり動くことは当たり前なんですけども。落ち着かないやねー。
 来週くらいには決まっているといいんだけどな。




posted by みづほ at 22:19| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

バタバタしてまったりして。

1月末に放送大学の試験、2月末にリトミック指導資格認定試験(中級)、これ以外にももろもろいろいろありまして。今年に入ってから家族や社内の人たちとしか交流していませんでした。

コレが落ち着いたら誰かとお茶する、ご飯食べるー! ウゴー! と燃えていたのですが、先日、久しぶりに前の会社で親しくさせていただいてたお友達と時間があい。やーっと会えました。

コメダ珈琲で厚切りトーストと季節限定の「桜」(ミルクティー&小豆)。少しだけ食べるつもりが意外とトースト大きくてビビった。
おいしくて、お話も楽しくてパワーもらいました。
知らず知らずストレスためてたのかなあ。ゆっくりできて嬉しかったです。

これから夏になれば放送大学試験がまた始まるし。その前までにゆったりペースでいいから、不義理していた友人たちに会いたいと思います。
posted by みづほ at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

上級救命講習を受けてきました。

Point Blur_20170124_190657.jpg14852290962761.jpg


 それはまだ私が、保育士やりながら放送大学の試験勉強なんてラクショージャーンとか思っていた昨年10月ごろの話じゃった……(昔話?)。
 長男の小学校の構内に「救命講習受けてみたらどうですか」的な販促、じゃないな、推進ポスターがあったのに目をとめたのが始まりじゃった。

 という訳で、先日受けてきました。
 消防署主催。1日8時間。都内だと2600円。有効期限3年。再講習にかかる時間は3時間。費用は確か1600円だったと思う。

 正直に書く。たぶん誰でも受かる(酷)。

 詳細はまた後日アップ予定。今だったらAEDと胸骨圧迫は任せてください(何)。
posted by みづほ at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
バナー
since 2000/1/11 (C) 2000-2017