2007年10月06日

佐野厄除け大師と宇都宮餃子。

 今更旅行記書くなという意見もあるでしょうが(謎)。
 10/6と7に一泊ぷち旅行にオットのヒトと行って来ました。

私の勤めている会社は祝日でも平日と変わらず出勤するとゆー決まりになっておりまして、世間で連休だろーがハッピーマンデーだろうが関係ないんですよ。ううう。
 しかし、10/8はなぜかカレンダーどおりで。せっかくの連休だしお出かけしますか、ということで、6日に佐野方面に行ってきました。
 目的地は佐野厄除け大師。昨年お祓いしてもらったのに事故にあったりしてますが、ココで恋愛のお守りを買ったこともあって一度はお礼を兼ねて行かねばーと思っていたのですよ。

 10/6、とりあえず泊まるところだけ決めて、お昼前にサイタマ出発。移動は電車でのんびりと。
 車があると便利なのかも、と時々思うけど、都会(……サイタマは都会。都会。都会なの)にいたらかえって維持費がかかっちゃうし、車を買うって選択肢が無くても何とかなっちゃうし、車が無くてもお出かけは楽しいし!(←結局最後の言葉が言いたかっただけらしい)
 一路、佐野駅へ。

 一年ぶりくらいに降り立った佐野駅は相変わらず閑散としてました(こらー)。一年前の記憶をたどってこっちかなーってところまで行ってみたのですが、どうにもこうにも不安になったので駐輪場の管理人さんに道を聞いたり(謎)。あ、結局あってました♪
 で、佐野といえばラーメン! ということで、佐野ラーメンも食べてみました。

DSC05452.JPG

 昨年は大師のそばで食べた記憶がありましたが、今年は駅前で。おいしかったですー。

 そしてそして。食べ終わってからはあちこち見ながら、ゆっくり歩いて到着。

DSC05453.JPG

 昨年もらってきた御札とお守りをお返しして建物に向かって歩いていたら、ちょうどお祓いの時間(?)だったので、滑り込んでうけてきました。
 読経してもらってごうごうと燃え盛る火の中に棒を放り込んでいるお坊さんを見ているうちにすごおおおく眠くなってしまってどうしようもありませんでした(×)。

 読経が終わった後は炎に手をかざして熱を全身にまんべんなく塗りこむ(気持ちで)。無病息災の効き目があるそうなのですが、眠さに負けた私が心配していたのは「効き目、落ちてないといいな」ということだけだったり。

 この後はまたまた電車でのんびり宇都宮に移動。
 ホテルにチェックインした後、駅そばにあったヨドバシカメラを冷やかし、炊飯器とかアイロンを見ました。炊飯器はりここさんが結婚のお祝いに買ってあげる! と言ってくれたので、お言葉に甘えまして。
 山ほどカタログをもらい(店員さんありがとう〜)、この後はまたまた冷やかしで(失礼)、駅ビルにある一番有名な餃子屋さんであろう「みんみん」さんに行ってみたのですが、案の定もーのすごい長蛇の列だったので、早々に諦めました……並んでまでは食べなくていいかなーと思って(あまりこだわらない私たち)。

 代わりにココに入りました。

DSC05459.JPG

 駅前にある餃子屋さんなのですが、ずいぶん前に小次郎さんとオットのヒトと3人で来たところです。

DSC05460.JPG

 いやー、おいしかったです。私たちの後ろにずいぶん並んでいたのでとっとと出ましたが、もう少し食べても良かったかも(笑)。

 次に入ったのは(ハイ、ハシゴしました)ココです。

DSC05461.JPG

 これも駅前にある餃子屋さん。

DSC05462.JPG


 焼き餃子にはライス♪ ということで、小ライスと一緒に食べました。これまたおいしかったですー。

 ちなみに店の外にはこんなものがありました。

DSC05464.JPG

 フラッシュたいて撮影したので、ちょっと目だって恥ずかしかった(謎)。

 この日は胃袋の中に餃子をタップリ入れて帰還。お疲れ様でしたー。
posted by みづほ at 23:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行(海外&国内) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
バナー
since 2000/1/11 (C) 2000-2019