2014年04月01日

「保育士試験受験の手引き」請求。

 「平成26年保育士試験受験の手引き」請求・受付が開始されましたねー。⇒保育士試験を受ける方へ|一般社団法人全国保育士養成協議会
 私も昨年4月にインターネット経由で申し込んだことを思い出しましたー。

 チラチラっと手引きを見てみたら、今回の言語実技は昨年度とずいぶん違うっぽいですね。
 1.「うさぎとかめ」
 2.「おむすびころりん」
 3.「3びきのこぶた」
 4.「にんじん、ごぼう、だいこん」
 から選びなさい、って方式になったみたいだし。
 それから「子どもに見立てた椅子を前方に用意します。」との但し書きが増えてました。

 音楽は「おつかいありさん」と「おへそ」が課題曲ですねー。
 ざーっと見ましたけども、両方ともニ長調。「おつかいありさん」が2/4拍子、「おへそ」が2/2拍子。スタッカート、クレッシェンド、アクセントまで指定されていて、弾き分け、歌い分けに注意が必要そうなイメージ。あと、「おへそ」は音域広いなー。高いレから低いラまで、まんべんなく振り回されるカンジ。
 2曲とも黒鍵多用のため、初心者の方は少し難しそうかな? それからコード進行の指定が細かすぎるような気もします……。

 それから「求められる力」なんて項目も増えてましたね。
 言語の場合は「保育士として必要な基本的な声の出し方、表現上の技術、幼児に対する話し方ができること。」、音楽の場合は「保育士として必要な歌、伴奏の技術、リズムなど、総合的に豊かな表現ができること。」だそうです。

 ちなみに、私が昨年インターネット経由で申し込んだときには、一週間しないうちに手引きが届いたように記憶してます。
 確か2月中に「学校発行の卒業証明書」を手配して、3月中に戸籍謄本を取りに行ったなー。というのは、卒業証明書は旧姓しか記載がされておらず、「必要書類に旧姓(旧名)が記載されている方(現姓及び旧姓両方の記載がある場合も必要)は、旧姓と現姓の両方が記載されている公印のある戸籍抄本等の原本を提出してください。」との記載があったから。
 戸籍謄本はさておき、学校発行の卒業証明書は申請して即発行ができる学校ばかりではないと思うし、私の場合は千葉に卒業した学校があったためすべて郵送での依頼だったので、早め早めに行動するが吉、と判断して動いてましたなー。

 何はともあれ、試験まであと4ヶ月ですね。今年度受験される皆さま、がんばってくださいー。




ラベル:保育士試験
posted by みづほ at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | 保育士試験と就職活動とその後 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
バナー
since 2000/1/11 (C) 2000-2019
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。