2013年05月22日

スタジオアリスの使い方。

 とか何とかえらそうに書いちゃったりなんかしちゃったりしてますけど(広川太一郎さん風に。どうでもいいがちょっと古いか?)。
 実はスタジオアリスは今までで2回しか利用したことありません……。
 1回目はポン太のお宮参り。
 2回目はポンすけのお宮参り。
 節目節目で写真を撮るのは良いけれど、お金もバカにならないし。もしこの後とるのなら七五三くらいかも。
 撮影自体は順調に行けば1時間くらいで済みます。ポンすけは順調じゃった。しかし、ポン太の時は大変だった……眠さピーク、腹ヘリピークで機嫌が超最悪、2時間くらいかかったんだったかな。
 撮影後、本当ならデータ選んで終了なのでしょうが、前回も今回もデータは後日選ぶことにしてとっとと帰ってきちゃいました。私たちの場合は、遠方から私の両親が来ていてご飯を共にとりましょうってことで予約入れていたから、データ選定している時間が無かったんですよねー。

 アルバムに関しては、後から増やせるタイプではなく、見開きで3枚載せられるタイプにしました。⇒これ一番安い、プレミア台紙ですー。3枚の内訳は、一人で写っているパターン、家族だけで写っているパターン、祖父母込みパターン。
 産院でもらった「撮影料無料券」を今回使いましたが、結局のところアルバムにお金をつぎ込むんであまりお徳感が無いのが不思議(←こらー)。
 産院で無料券とかもらえなかったら、ヤフオクとかでお友達紹介用の撮影料半額券を落札してもいいかも。安いと1円とか10円とかで落札できます。
 私は退院するまで無料券がもらえるのを知らなかったので、実は事前に落札してたんですが……半額券の裏側に出品者さんの記名が無いものを出している人から落札することにこだわってました(謎)。
 というのは、裏側に出品者さん(=紹介者さん)の記名がある半額券を使うと、紹介者特典としていろいろ紹介者さんにいいことがあるんですよ。なんで私が見知らぬ人の徳になることをわざわざやらなあかんのか。しかも私が自分でお金出してまでやらなきゃいかん義理は無いよなーと思いまして。ケチだよね私、でもケチで結構だわい。

 ところでスタジオアリスでは、撮影後1年経過したら購入した写真をデータとしてCD-ROMでくれます(別途お金かかります、520円)。
 スタジオアリスでは商品として購入しない写真は、さっさとデータが消されてしまうのです。なので、一番小さいサイズ=一番安いサイズで購入しておけば、データで手に入れることができます。
 で、私の場合、ほしいデータ(というか写真)をアルバムサイズで買うと高すぎるし大きすぎるため、前回までは「手札」っていうものを購入しておりました。1050円だったかな。
 この手札っていうのは私も某mixiで教えてもらったのですが、あまりおおっぴらにスタジオアリスさんで公表してないサイズっぽい……。利幅が少ないからじゃろうか……(大きなお世話だな)。
 もちろんこちらから聞けば教えてくれますが、確かパンフレットとかカタログには書いてない、と思う。見落としていたらごめんなさい。ちなみに、ホームページには載っていました。

 で、今回もこの手札を購入しようとしたんですが……なんとなんと、手札っていうのが無くなってハーフキャビネっていうのに変わっているらしい。お値段もどどんとあがって1500円。きゃー。何それー。
 文句言っても仕方ないのでしぶしぶハーフキャビネを買いましたが、よく考えたら名前シール(530円)購入しても良かったかも知れん。何にせよ、小物を買っておけばデータは必ず残るので無問題。
 あ、そして今回はうっかりディズニーキャラと一緒に撮った写真も1枚、ハーフキャビネで買ってしまったのですが、ディズニーがちょこっと載っているだけで1050円別途必要になります。しかも1枚ごとに必要なんだよねこれ。ぼってるわー(酷)。必要ないなら最初から撮影自体断ってもいいかもしれない。
 私たちの場合は流れでミッキーのぬいぐるみが出てきて流れで一緒に撮影してたから、断れば時間の短縮にもなったよなたぶん。

 そんなこんなで、やっとアルバムが出来上がります。



posted by みづほ at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | 育児 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
バナー
since 2000/1/11 (C) 2000-2019